当事務所には,弁護士と社会保険労務士がおりますので,それぞれの専門知識を活かして,幅広いアドバイスをさせて頂くことができます。弁護士・社会保険労務士の両方と顧問契約して頂くことも可能です。
弁護士との顧問契約
電話,メール,FAX等で簡単に法律相談をすることができます。取引先とのトラブルに対する対応方法や,契約書のチェックなどの法律相談は,顧問料の範囲内で対応させて頂きます。
事業内容によっては,同種のトラブルが繰り返し起こることがあると思います。そのような場合に,顧問として継続的に関与させて頂いておれば,問題点を迅速に理解することができますし,紛争の予防・再発防止についてのアドバイスもさせて頂けます。
裁判等の具体的手続のご依頼については,顧問契約とは別のご依頼となりますが,顧問をさせて頂いている方については,費用を安くさせて頂きます。
また,顧問をさせて頂いている方からご紹介頂いた相談者の方については,初回の法律相談料を無料とさせて頂きます(社会保険労務士との顧問契約をされている方も同様です)。
社会保険労務士との顧問契約
労働保険,社会保険の諸手続の代行業務や,人事・労務問題に関する相談を,顧問料の範囲内で対応させて頂きます。ご依頼があれば,給与計算の代行もお引き受け致します。
人事・労務に関連する問題は,日常的に起こりますし,また急を要することも多いため,ご相談者の大半は顧問契約を選択しておられます。顧問として継続的に関与させて頂くことで,会社の業務内容・実態に応じた,より適切な対応をアドバイスさせて頂けると考えています。
助成金申請,規則整備等のご依頼については,基本的には,顧問契約とは別のご依頼となりますが,顧問をさせて頂いている方については,費用を安くさせて頂きます。また月々の顧問料によっては,規則整備等も顧問契約の範囲に含めることも可能ですので,ご相談ください。
また,顧問をさせて頂いている方から法律関係のご相談がある場合には,初回の法律相談料を無料で,当事務所の弁護士が対応させて頂きます。
顧問料について
弁護士・社会保険労務士とも,それぞれ月額2?3万円からとなっております。顧問弁護士や社会保険労務士に何を相談・依頼されるか,どれくらいの頻度で相談・依頼があるかによって変わってきますので,ご相談ください。
また,弁護士と社会保険労務士の双方と顧問契約を締結される場合には,弁護士への相談の頻度と,社会保険労務士への相談の頻度の実情に応じて,顧問料をご相談させて頂きます。
ご相談者の声1 ご相談者の声1